So-net無料ブログ作成
- | 2012年10月 |2012年11月 ブログトップ
前の10件 | -

ロンブー淳が警官にマジギレ 動画→解雇 [ニュース]

ロンブー淳が警官にマジギレ動画が配信
→解雇となったようです。

※すいません。
解雇はウワサであって、担当番組の自粛も一部に限られる
ということですので、どうやら解雇処分にはなっていないようです。

吉本興業が解雇を発表した、という記事を鵜呑みにしてしまいました。
申し訳ございません。


ロンドンブーツ1号こと
タレントの田村淳さんが、吉本興業に解雇されてしまいました。

解雇理由は、
尊敬する人物に筑紫哲也と佐高信を挙げるなど
政治的に極左思想を持つということ。

う~ん、苦しい言い訳ですね。


巷では、田村淳さんの突然の解雇は
別の理由があるとされています。

ていうか、完全にこれでしょう。

「ロンブー淳が警官にマジギレ」

しかも、その一部始終がネットで
生配信されていました。


プライベートで、警察に注意されたロンブー淳が
マジギレしています。
動画を見ましたが、どっちもどっちかな
というのが正直な感想。

警察の横柄な態度も気になりましたが
ロンブー淳さんの大人気ない態度も
何だかな~。


今回の動画が配信されたことで
警察の方がどういった処分を受けたかは分かりませんが
おそらく、ロンブー淳さんの方が
重い処分を受けたのではないでしょうか。

解雇ですよ、一発解雇。

一瞬にして、無職です。


いくらなんでも、ちょっと厳しすぎるんじゃないでしょうか。

確かに、会社に雇われている以上
会社の名前も背負っているわけです。

まして、有名人ともなれば
その影響力は大きいものです。

つまり、今回の件は
吉本興業が、警察に対して
当事者を解雇して、謝罪を示したわけですよね。

ロンブー淳さんが芸能活動を続けていくためには
別の所属事務所が必要となりますが
難しいでしょうね。

う~ん。世の中ってこういうものなんですね。


蒼井優 ショート 理由 [芸能]

女優の蒼井優さんが、ちょっと前にショートにしました。
ショートにした理由が印象的でした。

「髪が長いと、“なんでもごまかせちゃう”みたいなところがあるから。」

見かけによらず、かなりハッキリと
モノを言う性格なんでしょうか。


見かけによらないといえば、
これはもう、有名ですが
蒼井優さんは、愛煙家だそうです。

清純派といったイメージが強い
蒼井優さんとタバコは、かなりのギャップがありますが
タバコ=ダークなイメージというのが
もう、古いのかもしれませんね。

ウワサによると、女優の北川景子さんも
愛煙家の1人だとか。
今や、タバコもオシャレアイテムのひとつなんでしょうか。


蒼井優さんといえば、今年の7月頃に
俳優の鈴木浩介さんとの熱愛が発覚しましたよね。

蒼井優さん本人のコメントでも
交際を認めるコメントを発表していました。


その蒼井優さんが、俳優の堤真一さんとの
密会デートが週刊誌に掲載されて
話題を集めています。


この報道について
堤さんの所属事務所からは

「昔からの友人で、いつも鈴木さんを交えて3人で食事をしています」
「2人だったのは、鈴木さんが合流する前だったということでしょう」

と、キッパリと2人の交際を否定。


私も、そう思います。

ええ、もちろん何の根拠もございません。
でも、そう思えるんです。

もし、「密会」だったら
そう簡単に記事になるようなヘマはしないでしょう。


あ、ちなみに俳優の鈴木浩介さんって誰?
って思った人、鈴木浩介さんは
「ライアーゲーム」の「フクナガ」役の人です。

光宗薫 拒食症 脱退 [芸能]

AKB48の光宗薫さん、
体調不良でイベントの欠席が続き
一部には、拒食症?
とウワサになっていましたが

本日、突然「AKBを辞退する」との
発表がありました。


いや~、ビックリしましたね。
光宗薫さんが脱退とはね。


総選挙での惨敗後、体調不良を訴えるようになった
光宗薫さん。

あまりの予想外の結果にふてくされているのかな
といった声もありましたが、
本当に体調不良だったんですね。

8月に一度復帰したときにも
あまりの激やせぶりに
「拒食症説」がささやかれることになりました。


“スーパー研修生”、“超大型新人”といわれ
周囲の妬みや、「出来て当たり前」といった
プレッシャーに耐え切れなくなったのでしょうか。

光宗さんのコメントによると
スタッフの皆さんから、まずはゆっくり体調を治してからでいいから。
といわれ、だからこそ、体調を万全にするには
AKBの活動を辞めることが自分に必要と
考えたそうです。


やはり、このコメントからも
AKBでの活動自体が、体調不良の原因のひとつだったようですね。


「絶対的なエース」前田敦子さんが“卒業宣言”してから
バタバタとAKBに騒動が起きていますね。

大きな要がなくなったせいで
全体のバランスが崩れ、いたるところに歪みが
出てきている。
現状のAKBは、そんな不安定な状態に見えます。

以前は、他を圧倒するグループだったのが
今は、息切れしてバラバラになりかけているように
見えて仕方ありません。

火曜曲 放送事故 強制終了 [芸能]

TBS「火曜曲」で放送事故がありました。

CM明けのおかしな画面で1分以上
停止し、無音状態に。
そこからは、画面がガクガクになったり
曲の途中でCMになったり
同じ曲を2回放送したりと、完全にパニック状態でした。

「火曜曲」に一体、何があったのでしょう。


放送事故が起きたのは、
番組開始30分を過ぎたあたり。

過去の貴重映像特集のコーナーが放送され
そこからCMに入りました。
ここまでは、正常。

しかし、問題のCM明け。
写真をボカシたような、気味の悪い画像で
映像が停止し、無音状態に。

その状態が2分近くも続いた後、
再びCMが流れ始めました。

そのCM明けに、突然AKBの「UZA」が
流れました。
次に中居さんの歌が始まりますが
なんと、曲の途中で突然、CMが流れます。

そのCMの放送も、なにかおかしい状態。

そして、CM明けに、先ほど放送したばかりの
AKB「UZA」をまた、放送。

で、結局、中途半端な状態で
番組は、強制終了しました。


いやあ、びっくりしましたね。
一時は、「しばらくお待ちください」という
画面もありました。

こんなことってあるんですね。

でも、子供の頃は
「しばらくお待ちください」の画面は
時々あったような気がしますが
どうだったかな。

光宗薫 拒食症 [芸能]

光宗薫さんが拒食症?
とのウワサが飛び交っています。

AKB48の光宗薫さん、
ほんの少し前には、「スーパー研修生」「超大型新人」
などという肩書きで紹介されていましたよね。


その光宗薫さんに暗雲が立ち込めたきっかけといえば
やはり“総選挙”でしょう。


「スーパー研修生」「超大型新人」といわれ
どこまで上位に食い込めるか?
と注目されていた光宗薫さん。

本人も、かなり期待していたでしょう。
そりゃあ、あれだけ騒がれれば
誰だってそう思い込んでしまいますよ。

ところが・・・
終わってみれば、まさかの圏外。
あまりの意外な結果に、ビックリしました。

けど、当然、一番ショックを受けたのは
光宗薫さん本人です。
悪すぎる順位に、会場を睨んだ。

と、ネットで騒がれていましたが
あれは、あまりの予想外の出来事に
思考が停止していた、という方が
当たっているように思います。

きっと、会場を睨む余裕などなかったはずです。


それから、数ヶ月して異変が起きはじめました。


どんどん、痩せていきました。
あれっ?
と思っていた矢先に体調不良により
イベントを欠席との発表。
8月の出来事でした。


それから、一度は復帰したものの
すぐにイベントに欠席。
今月もまだ、復帰できていませんね。


以前、元AKBメンバーの方の記事を読んだことがあります。
記事には、こうありました。
「AKBは、大きな渦に浮かぶ船のようなもの」
「自分達では、制御することは出来ず、ただ振り落とされないよう
ひたすら、しがみついていなければ生き残れない。」


AKB48は、今や国民的アイドルグループへと
成長しました。
AKBという名前を聞いたことがない
という人のほうが少ないでしょう。

注目度が大きくなれば、なるほど
プレッシャーやストレスもそれに比例して、大きくなります。
光宗薫さんの体調不良の詳細はわかりませんが
ストレスが関係していることは
間違いないでしょう。

橋下徹 実父 朝日 [ニュース]

橋下徹氏の実父を明かし、批判的な記事を掲載した
週刊朝日に対して、橋下徹氏は親会社でさる
朝日新聞社への取材拒否を表明しました。


橋下徹氏の実父を明かした問題の記事は
週刊朝日の
「ハシシタ 救世主か衆愚の王か 橋下徹のDNAをさかのぼり本性をあぶり出す」
という記事です。


ノンフィクション作家の佐野眞一氏らによって
書かれた記事は、
橋下徹氏の実父の生まれ、生き様などを
晒した上で、橋下徹氏を批判。

つまり、
「こういう父親を持った、橋下徹氏をどう思います?」
という意味に感じられます。


これには、橋下徹氏もマジギレ。

当然です。
自分の血脈を調べられ、父親
ひいては親族すべてを否定されたようなものです。

まして、橋下徹氏によると
記事にある「実父」には、育てられた記憶すらないそうです。


しかしながら、
バッシングの大きさは、人気のバロメーターともいえます。

こんなことまで、調べ上げられ
晒されてしまうということは
それだけ、橋下徹氏に対する注目が集まっている
何よりの証拠です。


「維新の会」にしても
批判しようとする人間は、どこまでも調べ上げ
何かしらの材料を見つけてくるものです。

橋下徹氏の意図したものではありませんが
今回の一件で、さらに橋下徹氏への注目が
集まることとなりました。

時代は、橋下徹氏を求めているのかもしれませんね。


あびる優 小林可夢偉 破局 [芸能]

タレントのあびる優さんが交際中の小林可夢偉選手の
3位入賞についてコメントを発表しました。

あびる優さんと小林可夢偉選手は
一時、破局がウワサされましたが
交際は、順調に続いていたようです。


F1レーサーの小林可夢偉選手が
三重県の鈴鹿で行われた
日本GP決勝で3位入賞の快挙起しましたが

この快挙について、あびる優さんは
「記憶が一瞬、飛ぶくらいうれしかった」
と、恋人の快挙を振り返りました。

あびる優さん自身、
当日の決勝を観戦していましたから
その感動といったら
相当なものだったでしょう。


小林可夢偉選手も、ひょっとしたら
恋人にいいところを見せようと
頑張れたのかもしれませんね。

あびる優さん、小林可夢偉選手
2人とも26歳。
当然、まわりからは「結婚」について
聞かれることが多いでしょう。

その質問に、あびる優さんは
「特別に予定はない」
としながらも、その幸せそうな様子から
予定がないだけで、
結婚自体は、お互いに誓い合っているのかもしれないですね。


ただ、気がかりなのは
小林可夢偉選手の来期のシート喪失が
現実味を帯びてきていることです。


先日の快挙で、来期の活躍も期待されるだけに
「どうして?」
と、F1に詳しくない、私のような者には
理解できません。


ネットで調べてみて
分かったことがあります。

まず、F1というものは、莫大な資金が必要だということ。
バブルの頃は、日本でもF1のスポンサーになる
企業がありましたが、景気が冷え込むと
真っ先に経費削減の対象になったのが
F1費用でした。


大企業でも、業績悪化を理由にF1から撤退していきます。
ましてや、大企業をスポンサーに持たない
チームは、資金不足でギリギリの状態で
レースに参加しています。

そんなチームからしてみれば
いくら速く走ろうと、スポンサーについてもらえないと
資金が足りなくなるので
スポンサーを持ち込んでくれる
ドライバーを歓迎します。


残念ながら、小林可夢偉選手自身には
スポンサーはついておりません。

かといって、現在の日本の状況で
莫大な経費がかかる、F1ni参戦する企業はありません。

そのため、非常に残念ですが
小林可夢偉選手の来期のシート喪失は
さけられそうにありませんね。

そんな状況では、あびる優さんとの結婚も
予定が立てられないのでしょう。

ダイナマイトママ 大家族 [バラエティ]

“ダイナマイトママ”という「大家族番組」が
放送されていました。

完全に“〇ッグ〇ディ”の二番煎じかな
と思ってみてみたら、
内容は、全然違っていました。


“ダイナマイトママ”の方がマトモな家庭でした。

確かに方言丸出しで、キレまくりの
“ダイナマイトママ”でしたが
言っている事は、正論で
大家族をきりもりする、「スーパーママ」です。


山口県美祢市で工務店を営む
宮﨑(くざき)家。
男4人、女3人の子宝に恵まれた大家族に
1年間密着したドキュメントでした。


“ダイナマイトママ”は、現在34歳。
夫は、2歳年上の36歳。

2人とも、10代の頃は“やんちゃ”で
“ダイナマイトママが”18歳で長女を妊娠、結婚。


そのため、34歳にして中3の娘の母親でもあり
末っ子は、1歳という賑やかな一家です。


“〇ッグ〇ディ”との最大の違いは、
生活の基盤がしっかりしている事と
子供全員が、同じ両親の子供であるという事。


“ダイナマイトママ”にボロクソ言われている
夫も工務店を営み、一家の大黒柱としての
存在感はある。

一方、“ダイナマイトママ”は
子供にきちんとした躾をしていたり、

「大家族を言い訳にしたくない」と
毎日、1時間以上もかけて家中を掃除して、
家中ピカピカ。
さらに夫と同じ現場に立って
仕事をこなしています。

また、神棚をまつり
1年の行事ごとなどにもきちんと
対応しています。

見るからに不衛生で、躾が行き届いていない
どこぞの大家族とは、別世界です。


ここの家族をみていると
方言丸出しでキレまくりの
“ダイナマイトママ”を家族全員が慕っているのが
よく伝わってきます。

確かに、番組としてのインパクトは
“〇ッグ〇ディ”の方がありますが
見ているのが辛く感じることもあります。
それほど、現実離れした家族です。

一方、
“ダイナマイトママ”の方は、見た後の
後味がいいというか、
いい家庭だな~と思える番組でした。

毎日、気合十分の“ダイナマイトママ”でした。


トータル藤田 ツイッター 炎上 [芸能]

お笑いコンビ・トータルテンボスの藤田憲右氏の
ツイッターが炎上しています。


トータル藤田氏は、今月中にツイッターを
辞めると宣言する騒ぎになっています。

事の発端は、14日夜に放送された
「日10☆演芸パレード」


番組内で、トータルテンボスが披露したネタが
人気漫画「銀の匙」を元ネタにしたものでした。

しかし、これにツイッターで批判が続出。
「パクリ」「元ネタ明かせ」などと次々に書き込みが
止まらなくなりました。


これに、トータル藤田氏が激怒。
元々このネタは、漫画「銀の匙」が
マンガ大賞を受賞した際に
テレビ番組の企画で作った“銀の匙”というネタ。


つまりは、“公認”されていたネタということです。


トータル藤田氏は、このネタの生まれた経緯を説明した上で

「面倒くせぇヤツだね、理屈抜きで楽しむ事ができないって不幸なやっちゃね」
「年内でTwitterいや、今月でTwitterやめます。何も楽しくない。」
「自分勝手な理屈っぽい評論家気取りのお笑いフリークが多すぎる。」

と、ツイッターを辞める宣言をしてしまいます。


確かに、事情を知らない側からの
一方的な批判は、腹立たしいですね。

でも、トータル藤田氏。
以前は、頭に血が昇って番組放棄した
過去が話題になったり、

ケンカでボコボコにされて
休養したりと、その短気ぶりが目立ちますね。

14万ものフォロワーを持つ藤田氏のツイッターです。
大半のフォロワーからは、「辞めないで」との
声が挙がっているはずですので

一部の心無いツイートばかり
フォーカスせずに、
ツイッターは続けて欲しいですね。


JUJU 年齢 本名 [芸能]

活躍中の歌手・JUJU。
年齢や本名は、公表されていないため
“ミステリアスな歌姫”といわれています。


でも、これだけ有名になった今。
この現代社会で、いつまでも“ミステリアス”な存在で
いられるはずがありません。

正式には、発表されていませんので
あくまで「ウワサ」ではありますが
JUJUの正体が明かされてきました。


・出身地は広島
・1976年2月14日生まれ
・本名「園田淳」

12歳で歌手を目指し始め、
18歳に単身渡米し、音楽修行で実力を磨いた
ということです。

デビュー当初から、順調に売れたわけではなく
数年の売れない時期がありましたが
2006年の「奇跡を望むなら…」でブレークし
一躍、注目の女性シンガーとなりました。


JUJUの歌声は、伸びやかで透明感がある
独特の歌声で、その虜になっている人も多いでしょう。


ちょっと疑問に感じるのは、
どうして、年齢や本名を隠す必要があったのか
ということです。

先ほど紹介したように、「歌」で勝負するシンガーです。
けっしてビジュアル系ではありません。
なのに、どうしてわざわざ“ミステリアス”を
演出したのでしょう。


とはいえ、年齢や本名が発覚したかも?
というだけで、これだけ話題になるのですから
“ミステリアス”炸裂なのかもしれませんね。

今年の年末も、多くの歌番組に
引っ張りだこなんでしょうね。
前の10件 | -
- |2012年10月 |2012年11月 ブログトップ
税金ってどうなるの?

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。