So-net無料ブログ作成
検索選択

逃走中アルティメット 結果 [バラエティ]

スポンサーリンク




「逃走中アルティメット」結果は・・・

上地雄輔が見事アルティメットプレーヤーに輝きました。


「逃走中」「戦闘中」は、面白いので毎回観ています。

今回は、‘アルティメットプレーヤー’を決めるということでしたが
番組終盤で「アルティメットルール」なるものが
発動しました。

制限時間を逃げ切ったとき、残ったプレーヤー
2人以上残っている場合は
最後の1人になるまで、時間無制限で
ゲームが続けられる。

最後の1人には、賞金を2倍に上乗せ。
それ以外の者は、賞金ゼロ。
制限時間を過ぎて、アルティメットルールが発動してからは
自首は出来ない。

さすが、アルティメット=究極
究極というからには、唯1人の存在であるべきです。


このルールが発動したとき、残っていたプレーヤーは6人。
テレビを見ていて、なぜか直感的に
最後に残るのは、上地雄輔だと思いました。

もちろん、何の根拠もありませんでしたが
結果は、正解でした。

それにしても、上地雄輔って完全にさわやかですね。


「逃走中」「戦闘中」って、結構、性格があらわれるじゃないですか。
もちろん、テレビのバラエティ番組ですから
ある程度はキャラを演じているかと思います。

けど、モロに性格が出ますよね。
上地雄輔は、さわやかそのものでした。
大体、これまでも姑息な立ち回りをしている人は
最後までは残れません。

今回、ショボかったのは城田優でした。
アルティメットルールが宣告されると
途端に「自首」を口走り始めます。

それまでも、ミッションに参加しようとして
結局、いいとこなしでした。

アルティメットルールを聞いた途端、
「ラブ&ピース精神のオレとしては、他のプレーヤーと争いたくない」
と言い出します。

「プレーヤー同士協力できないのなら、オレはイヤだ」
としきりに自首しようとする自分を正当化しようと
ブツブツ、ブツブツ。

そして、結局自首成功。
約120万円の賞金を手にしました。

それに対して、「自首の先輩」・ドランクドラゴン鈴木拓は
前回、姑息な立ち回りを繰り返した挙句
「自首」して批判を浴び、ツイッターが炎上した経験からか、

自首したそうではあるものの、簡単に自首に踏み切れない様子でした。
相変わらず、デタラメなことを言ってばかりでしたが
今回は、自首せずハンターに捕まっていました。

さすがに、2回連続「自首」は、炎上確実と諦めたのでしょう。

「逃走中」次回も楽しみにしています。




スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
税金ってどうなるの?

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。